答えられなかった応答のトレーニング 答えられなかった応答のトレーニング

答えられなかった応答のトレーニング

最終更新日:

_2021-05-07_17.28.52.png

ログ画面では、ユーザが実際にエージェントに話しかけた発話のログを確認することができます。

※ ログにはDH-Cconversation上で行ったテストの会話は含まれません。デジタルヒューマンで会話された履歴のみ含まれます。

_2021-05-07_17.29.58.png

ログは

  • 最近の発話
  • ユーザごとの発話
  • 答えられなかった発話

の3つでフィルタリングして表示することができます。

すでにトレーニング済みの発話については、ログに「トレーニング済み」表記が表示されます。

_2021-05-07_17.34.50.png

 

エージェントを公開後、ユーザの反応を見ながら、「答えられなかった発話」についてトレーニングを行なっていくと、効率よくエージェントの成長をさせることができます。

_2021-05-07_17.35.24.png

 

トレーニングを行う場合は、ログの各項目に設置されている「トレーニングする」ボタンを押しましょう。

_2021-05-07_17.37.23.png

トレーニングをする場合は、上記の画面で行います。

該当する発話に対して、エージェントがどのような応答を行うかを設定していきます。

設定の際は、「トピック」か「雑談」であるかを選択し、その分類を指定します。

入力が完了したら、「登録する」をクリックします。

※ トピックはクイックリプライとして表示され、雑談はクイックリプライとして表示されません。

 

登録が完了すると、ログのページ上部に下記のような表示がされます。

_2021-05-07_17.40.24.png

必要なトレーニングを一通り行ったら、「変更を保存」をクリックして内容を保存しましょう。

 

ログのページの他にも「分析」ページでは、直近1週間の頻出発話を確認することもできます。

エージェントのトレーニングにご活用ください。

_2021-05-07_17.43.36.png

: トレーニング済み

: トレーニングしていない