拡張コマンド/HTMLコマンド (拡張データー) 拡張コマンド/HTMLコマンド (拡張データー)

拡張コマンド/HTMLコマンド (拡張データー)

最終更新日:

UneeQが現状有姿で提供するデジタルヒューマンのフロントエンド(サンプル)のreact-frontendにおいて、デジタルヒューマンの発話にあわせて情報を表示するコマンドを説明します。

https://gitlab.com/uneeq-oss/react-frontend

 

コマンド

フロントエンドのUIを制御するためにコマンドを送信することができます。これらのコマンドは文字列化されたJSONとして、instruction->displayHtml->html内で送信されなければなりません。 

{
"instructions": {
"displayHtml": {
"html": "{\"openInputBar\":true}"
}
}
}
const command = {"openInputBar": true} 
const x = {
"instructions":{
"displayHtml": {
"html": JSON.stringify(command)
}
}
}

 

利用可能なコマンド

Keyboard input bar trigger

テキスト入力モードに切り替えてレスポンスを入力できるようにします。すみません、わかりませんでした」などのレスポンスと組み合わせて使うと便利です。 true はテキスト入力モードに切り替わり、 false は音声入力に戻ることを示します。

Command: {"openInputBar": true}

 

Chat window trigger

トランスクリプトウィンドウを表示します。 true はユーザのトランスクリプトを表示し、 false はトランスクリプトを非表示/非表示にします。

Command: {"openTranscript": true}

 

Suggested responses(選択肢の表示)

選択肢の表示は、NLP プラットフォームからのみトリガーされます。 選択肢の表示はタイトルがあり、それぞれには画面上に表示されるラベルと、ユーザーがその回答をクリックしたときに、ユーザーが発話したと見なされて送信されます。

DH-Cconversationではクイックリプライと呼んでいます。

Command:

{
 	"mainTitle": "選択肢: ",
 	"suggestedResponses": [{
 		"label": "選択肢 #1",
 		"utterance": "発話したとみなす文字列 1"
 	}, {
 		"label": "選択肢 #2",
 		"utterance": "発話したとみなす文字列 2"
 	}, {
 		"label": "選択肢 #3",
 		"utterance": "発話したとみなす文字列 3"
 	}]
 }

 

Feedback form trigger

会話中にフィードバックフォームを起動する機能。 true はフィードバックダイアログを表示することを示します。

Command: {"openFeedback": true}

 

Human escalation form trigger

会話中にデジタルヒューマンではない本物の人間のエスカレーションフォームを起動する機能で、ユーザにメールアドレスの入力を促す機能があります (メールアドレスが未入力の場合). true はエスカレーションフォームを表示することを示します。

Command: {"openEscalationForm": true}

 

On-screen information trigger

情報コンテンツは、NLPプラットフォームからのみトリガーすることができます。 これは、ユーザーに有用な情報のスニペットを提供するために使用されます。

Command: { "information": "#Heading\nInformaion\n[link](http://example.com)" }

 

マークダウン早見表

現在サポートされているトークン

  • Headings: # Heading
  • Bold: **bold**
  • Italic: *italic*
  • Lists: - list item
  • Links: [link](http://example.com)
  • Images: ![alt text](http://example.com/icon.png "タイトル")